フラット35Sの認定基準とは?

長期固定金利住宅ローンとして人気のあるフラット35で、省エネ・耐震対応した住宅の場合フラット35Sが利用できます。
省エネ対策・耐震対策を施した住宅を購入した場合、フラット35の借り入れ金利が当初の5年間または10年間0.
3%引下げられます。
ただし、利用するには購入する住宅がフラット35Sの認定基準を満たしてなければなりません。
認定基準を満たした住宅であることを証明するフラット35S適合証明書の取得が必要になります。
認定基準は、住宅の省エネルギー性・耐久性と可変性・耐震性・バリアフリー性の4つの項目で成り立っていますが、何れか1つの項目が認定基準を満たせば良いことになっています。
例えば、省エネルギー性では外壁や窓が次世代省エネルギー基準を満たしていること、冷暖房設備や給湯設備のエネルギー消費量を平成20年度の10%削減するの2点です。
耐震対策としては、バランスの良い壁配置・基礎や接合部の強化などが求められます。
フラット35借り換え比較