FXデイトレは損切りの時期を決めるのが大事です!

FXデイトレに限らずトレードは、損切りのルールを決めることはとても大切です。
市場参加者たちは、すぐ前の高値と安値を意識してトレードしているので、一般的には損切りのレートは直近の高値か安値を超えたところとされています。
特にレンジ相場の場合には、レンジの上限を超えたあたりと、下限を超えたあたりに、市場参加者の損切りの注文が溜まります。
FXデイトレでは、週足などの長期の足はトレードの準備段階で見ておき、トレードのときは短い足を見ます。
もし1時間足で数週間分を見ていたとして、その間の高値や安値は大いに参考になります。
市場の損切りの位置を把握してからトレードすると、変なストップにも引っかからずに済むので有利です。