住宅ローンは、金利が安い銀行を選ぶことが大事?

消費税が来年から8パーセントにアップするため、今年は非常に住宅を購入する人が増えていると言います。
しかし、何も調べずに家を購入するのは非常に危険です。
人生で最も高い買い物と言われているように、何千万もする買い物なのです。
生活必需品などを買うのとは違うのです。
そんな憧れのマイホームを購入するにあたって、注意する点がいくつかありますが、最も重要なことがあります。
それは、住宅ローンの金利の安さです。
住宅ローンは借りる金額が一千万単位になりますので、利率の割合によって利子が大きく変わってくるからです。
例えば、金利が3パーセントの銀行から5千万を35年ローンで借りる場合、5千万からさらに3千万分の利子が上乗せされ、合計8千万もの大金を返却しなければならないのです。
もし1、5パーセントの金利で借りることができれば、その半額ですむのです。
ですから、安い銀行を選ぶことは非常に大切なのです。
そのためにも、家を買う際には充分にリサーチをする必要があるのです。
住宅ローンは消費税増税でどうなる?減税と控除の手順!【金利上がる?】